アレルギー

目のアレルギーには、花粉アレルギー、ハウスダストなどのアレルギー、コンタクトレンズの装用によるものなどいろいろありますが、症状がひどくない場合は、レーシック手術はできるようです。

 

アレルギーの原因がわかっている場合は、それを取り除き症状を軽くしてからの手術になります。

 

例えば、花粉によるものであれば、花粉の飛ばない時期に手術するとか、コンタクトレンズが原因とわかっていればしばらく装用を避けて、症状をおさえてから手術をするようです。

 

コンタクトレンズが原因の場合は、逆にレーシック手術を受けることでアレルギーがなくなるということが言えます。実際、レーシック手術を受けてアレルギー症状がなくなるという人はいますので、医師との相談の上、レーシックを積極的に考えても良いのではないでしょうか。

アトピー

アトピー性皮膚炎の場合は、アレルギー同様に目の状態が特にひどくなければレーシック手術は可能のようです。

 

アトピーの症状がある人は、傷のなおりが良くないといわれていますが、そのことが原因でレーシック手術の後に角膜の状態が安定するのに時間がかかるというようなことがあるようです。付随して視力が安定するのに少し時間がかかるかもしれません。

 

また、レーシック手術の後は、目に刺激や衝撃を与えることは厳禁ですから、かゆみ等で目を擦るといったことに注意しなければなりません。

 

アレルギー、アトピーどちらの場合でも、レーシック手術を受けるときには、少々手術代は高いですが、すべてをレーザー使用のイントラレーシック手術を受けられる方が良いかと思います。

 

いずれにしましても、一般の場合よりは、注意する点が多くなるようですが、視力回復はそれを上回る利便性がありますから、一度クリニックを訪れてみることをお薦めします。